2008年12月10日

ZBrushの暗黒面で息抜き

久しぶりに、ZBrushでモデリング。楽しい。
でも気が付けばやっぱり暗黒面に落ち、こてこてのクリーチャーが出来上がる。ディティールを費やす先が安易だと、クリーチャーになっちゃうんだから、いかんな。



ちょっと動きを付けてみた。

ver.3以降で追加された機能を全然フォローできてなくて悲しい。手遊び代わりになるべく触ろう。
タグ:ZBrush 3DCG

07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

2008年12月09日

InDesign:クイック適用

「クイック適用」は、キーボードの操作だけでスタイル等を適用できる機能。多数のスタイルが含まれるドキュメントの場合、長くなったスタイル名のリストをスクロールして探さなければならないが、これだとスタイル名の一部を入力してスタイルをすぐに探すことができる。
ctrl+enter(Windows)を押すことでクイック適用ボックスを表示させる。
たくさんのスタイルを扱うときには、こういった機能を使いこなすかどうかで、作業時間の大幅な短縮になるのだろう。
そして、こういうときの検索しやすさにも「スタイル名」の付け方が重要になってくるのだろう。

以下InDesignの勉強部屋_CS3_クイック適用の機能アップより引用。
CS2までの[クイック適用]は段落スタイル・文字スタイル・オブジェクトスタイルのいずれかを適用したいケースで使用しましたが、CS3ではさらに、メニューコマンドやスクリプト等も呼び出し可能となりました。

メニューコマンドやスクリプトを殆ど使うことがないけれど、これを使用する事でどのくらい時間短縮になるのだろうか。

タグ:InDesign

23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月08日

windowsのファイル名

ファイルのフルパス込みで256文字も付けられると知った。

23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月05日

アルファチャンネルとは

Photoshopを使う上で欠かせない「アルファチャンネル」という概念。「アルファチャンネル」とはピクセルが持つカラー情報プラスαの透明度や、選択範囲などの情報。
これを使用することで、Photoshopでは合成などが非常にやりやすくなる。

以下Photoshop講座:選択範囲とアルファチャンネルの操作より引用。
画像を構成している「チャンネル」という要素にプラスアルファされた、特殊なチャンネルのことです。

23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月04日

ホワイトバランス

今日撮影の時に「ホワイトバランス」の設定をまちがえてしまい、仕上がりが青い写真に。
蛍光灯の光をあてた時、晴天の時、曇りの時では、それぞれ被写体の色は変化する。白いものを見ても同じ「白」ではない。それを正確な「白」で撮影できるようにするのがホワイトバランスの調整。正確な色を撮影するためにはとっても大事。雰囲気を出したいためにわざと変える事もある。
●オートホワイトバランス
デジタルカメラが、色んな光源がもつ色味の違いを補正して、自動でできる限り同じ色調で撮影しようとする機能です。
●プリセットホワイトバランス
「太陽光」「日陰」「くもり」「白熱電球」「白色蛍光灯」「ストロボ」など、カメラにあらかじめ用意されているモード。オートで旨く取れないときなどに。
●マニュアルホワイトバランス
カメラに「白」を「白」として覚えさせる機能。白い紙を、撮影して設定する。色温度は、蛍光灯のカバーが汚れていたりするだけで変わってしまったり、店内は白熱灯だけれども窓際で太陽光が降り注いでいたりの『ミックス光源』では、オートやプリセットホワイトバランスでは、しっかりと合わせる事が難しいので、マニュアルで合わせる。
以下第4回 ホワイトバランス徹底解説!  〜 プロが教える女性の撮りかた講座より引用
光に色がついていたとしても、人間の目は本来の色に見えるよう補正機能が働くから、そんなに光の色の違いを感じないのです。ところがデジタルではないカメラで使うフィルムには、光の色が補正されずに焼き付いてしまいます。一般的によく使われるデイライトフィルムは、5200〜5500Kの光源で最も正しく色再現されるようにカラーバランスが合わせてあるフィルムなので、晴天の屋外では正しく色再現され、朝や夕方は赤っぽく、曇りや日陰は青っぽくなります。
タグ:カメラ

23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月03日

InDesign:字形のつづき

opentype.jpg
せうぞーさんからいただいたコメントよりIndesignの字形パレットから「opentype機能」-「分数」で、「1/2」と変換する事ができた。
Adobeのヘルプを見ると、『「1/2」のようにスラッシュで区切られた数字が 1 つの文字(1/2)として扱われます。』とのこと。
その他「opentype機能」には、『数字のゼロ「0」と大文字の「O」を区別する』ために使う「スラッシュ付0」なんていうのもあった。

先日の「2分の1」って打ったら変換してくれたら…というのは「/」で表される「1/2」ではなく、「―」で表される「1/2」で、これについていくつか調べてみたが明確な答えは見つけられず。
たぶん通常組版ではあまり使用されない数学などの分数のため、変換できるようにはしてないのだろうと解釈した。

23:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年11月05日

Indesign:字形

2.jpg1.jpg
Indesignの字形パレットをきちんと見た事がなかったけれど、けっこう色んな文字種があることを知った。今日必要だったのは「2分の1」の分数。こんなのも入れられてしまうのが嬉しい。でも、「2分の1」って打ったら変換してくれたらもっと嬉しい。

22:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年11月01日

Photoshop:露光量

Photoshopで画像の明るさなどを調整するときはいつも「レベル補正」や「トーンカーブ」を使っていたが、「露光量...」という調整レイヤーもあった。
以下よりPhotoshop講座:明るさとコントラストの調整引用。
「露光量」調整レイヤーは、カメラの露光量を操作するように、画像の明るさや暗さを調整できる調整レイヤーです。(中略)「露光量」では画像のもっとも明るい部分、「オフセット」は暗い部分、「ガンマ」は中間の部分をそれぞれ操作できます。


これはHDR画像の露光量の調整に最適らしい。
以下Photoshop CS3より引用。
露光量ダイアログボックスは、HDR画像の色調補正用ですが、8 ビット画像および 16 ビット画像にも使用できます。 露光量調整では、画像の現在のカラースペースではなくリニアカラースペース(ガンマ1.0)で計算を行います。

HDR(High Dynamic Range:ハイダイナミックレンジ)画像とは通常の画像では記録できない明暗の情報を持った画像のこと。ダイナミックレンジ…暗い部分と明るい部分の比。

通常の色調補正機能は、対象の画像が持つ色空間を基本にして補正を行うが、「露光量」コマンドはリニアな色空間であるガンマ1.0を基本にして補正量を計算するため、本来は32bit/チャンネル画像を補正するのに最適らしい。よくある明度やレベルの調整ではなく、カメラの露出を増減させるイメージで補正できる。32bitの画像で使うと画質の劣化が防げる。
32bit/チャンネルでは、「トーンカーブ」や「明るさ・コントラスト」といった色調補正コマンドが使用できない。そういうことも関係あるのだろうけど…それはなぜだろう。
タグ:Photoshop

20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年10月31日

パソコンの設定やインストール

パソコンを買ったけど、さまざまなセットアップを、どうしたらいいか、また自分がした場合それでOKなのかどうか、不安がいっぱい。何がわからないのだろう?
1.まずパソコンと電源とかケーブルのつなぎ方。これはたぶん、見れば分かる?かな。2.ソフトやらは何が入っているのだろう。附属ソフトとか見てみないとわからないね。3.アプリケーションやフォントのインストールの仕方。これは、多分なんとかなる…程度。4.ネットのつなぎ方。これが困難そう。自分でつないだことがないし、どういったものが自分に合っているのかさえ探せない。
セットアップするときに気を付けることや何をすべきか、Neranに習う予定。
仕事でずっとパソコンを使っているのに、本当こんな状態→パソコン簡単上達法 OS付属のソフトを無自覚に使ってませんか
目標:自分でパソコンセットアップできるようになる。
タグ:パソコン

22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年10月30日

Firefox Minefield

スラッシュドット・ジャパン | Firefoxの開発版「Minefield」は高速だけど地雷もある

FirefoxのMinefield版のインストールを促す情報が、安易な負傷者出してますよ、というニュース。

問題になってるのは、未来のFirefoxを体験できる超高速ブラウザ「Minefield」 - インターネット - ZDNet Japanという記事。『超高速ブラウザ「Minefield」』なんて煽り文句が、かなり気持ち悪い。代替ブラウザとして験すも糞も、テストビルドだろうに。Cnetの記者は、ベータ版ですらないアプリケーションでも常用の候補になるって事か。悪質な記事だなぁ。

それにしても、MinefieldをFirefoxの特定のバージョン用コードネームと思ってる人が結構いて不思議。minefieldをアンインストールしたらブックマークがぶっ飛んで泣きそう | IDEA*IDEAのコメント欄とか。ロゴも名前もしっかり地雷(や、爆弾)なのに。地雷原ってコードネームは流石に皮肉が過ぎると思う。

20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。