2009年01月11日

[NoScriptで見る] はじめに

NoScript

Firefoxの有名な拡張として『NoScript』というものがある。

この拡張は、レンダリングしようとするページのコンテンツをフックし、JavaScriptやiframe、FlashやJavaアプレットなど動的処理の実行をブロックしてくれる。実行の許可はホワイトリストを使う。

ある程度表示対象の知識を持った人間がセキュリティ目的で導入するものだから、決して誰にでも薦められるものではないし、満足な閲覧に要する手順もやや増える。

それでも、自分が閲覧しようとするページの挙動を把握出来るのだし、ホワイトリストの処理も、UIがこなれてきたお陰でそう面倒ではない。どうでもいい気分なら一時無効にすればいい。

NoScriptで見る

このNoScriptを使っていると、たまにとんでもないサイトやページに出くわす。レイアウトの崩れ程度は可愛い方で、見えてはいけないリクエストデータを見せてしまっていたり(そもそもが狂った設計だけど)、何も表示されなかったり。

酷いのは、重要なのに押せないボタンや、無効なアドレスを返すメニューなど、閲覧者がとても不愉快になるような結果の場合。代替の手段なり警告なりが表示されればともかく、そんなものは無いままに、訳のわからないページだけが残る。

このブログに「NoScriptで見る」と称して、そんなサイトやページを紹介しようと思う。

目的

大半の事例は、決してセキュリティ上致命的な問題ではないし、誰が具体的な損害を被るわけでもない。なのに何故、わざわざそんな事をするのか。

一つは、身内への事例紹介用として。ビジュアルデザインを主に手掛けてきた者にとって、セキュリティや、最終的なクライアントサイドでの実行結果まで含めたサイトの姿をイメージする事は、かなり難しいらしい。特に、今ほどJavaScriptの使用が前提の有名なサービスが増えてくると、尚更に。「こんな超クールなUIが出せますよ」という、内容の浅い翻訳記事だけ見て、制作への採用を決めたりする。それは困る。

問題のあるものを作る人は、自分が作っているものが、誰のどんな処理を経て目に見える形になるのか、大して意識していないんだと思う。本来は、クライアントサイドで動的に実行されとされているものだけが問題じゃない筈。単なるアンカータグをシステムを破壊する命令として実行するUAがあれば、静的なHTMLだって恐ろしい。自分が作ったものは、どんな対象にどう解釈され、どうレンダリングされ、どう実行されるのか、その意識が無いと、恐い。

日本のWeb制作をする人達に、一時期は、クライアントサイドに頼る事を嫌う意識があったと思う。JavaScriptで「戻る」ボタンなんてのは、晒し者にされていた事もあった。しかし今では、そういったクライアントサイドの動的実行を当たり前と考える制作者が、物凄く増えているのだと思う。それ用のミドルウェアはどんどん親切に、手軽になっているし、派手な効果や面白さだけを取り上げる引用ブログも多い。だからいつ、一緒に制作を行う作業者が、そういう意識になっていてもおかしくない。

そんな時、それじゃ危ないよ、困るよ、と言う為の事例として、やばいサイトやページを集めておきたい。それを見ながら説明すれば、クライアントサイドを勝手に限定する怖さを伝え易いと思う。

もう一つは、自戒。Webサイトの制作も仕事としているのだから、迂闊にそういうサイトを設計し、納品する危険が自分にはある。今の所は大丈夫だったけれど、いつしでかすか分からない。だから、そういうサイトを意識し続ける動機として、投稿し続けたい。

対象

個人が自分でやっているサイトやページは、取り上げない。対象は主に企業や団体の、プロが作ったであろうものだけ。そういうサイトであれば、仕事として公に開かれたものを作るのだから、こういった評価をされる事も想定しているだろうし。

他に、そもそも閲覧環境をきちんと限定出来るような用途の場合も、対象としない。誰がどんなUAどんな状態で使うか分からない、公に開かれたものだけを取り扱う。

確認する環境

以下の環境で確認を行う(2009年1月10日時点)。

OS
Windows XP Professional 日本語版 SP3
ブラウザ
Firefox 3.05
Noscript
バージョン 1.8.8.8

00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

2009年01月09日

デザインの技量

最終的なイメージを言葉なりで具体的に固めて、それを表現するためにどうするかを言葉や形で積み重ねてグランドデザインを固めていく。何かちがうと思ったら動かす、とかではなく、根拠を持って「こうだからこうしてみよう」と動かす。それを繰り返していくと、考えなくてもできるようになっていく。
タグ:デザイン

23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月07日

墨だまり

MORISAWAのA1明朝の記事に「墨だまり」という表現が出てきた。以下A1明朝 | フォント製品 | 株式会社モリサワより引用。
「A1明朝」は、モリサワ最初期から長く愛されているオールドスタイルの明朝体です。漢字のゆったりとしたカーブと、かなの優美な表情が生み出す独特の味わいが特徴です。デジタル書体化にあたって、画線の交差部分に写植特有の墨だまりを再現するなどし、やわらかな印象と自然な温かみを感じさせる新しい書体として生まれ変わりました。可読性にも優れているので、ニュアンスを活かした大きな見出しから本文まで幅広く活用することができます。


なんとなく意味が分からず調べて見た。
以下印鑑の文字(8) 古印体(こいんたい) - 印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログより引用。
砂を手の中に持って少しずつこぼしながら字を書いていくと、交差の部分は2回砂が落ちて砂の量が多くなりますね。その感覚でできたのが“墨だまり”です。交差部分以外は例えて言うとチョコレートでできていた文字が融けて円(まろ)やかな線質が出来た、という感覚です。

この墨だまりは、活字の際にはインクのにじみや圧力の雰囲気を残し、デジタルフォントにありがちな鋭さを抑えるためのものと思う。ただ、こんな意見も。以下20代デザイナーの文字組: A1明朝の適正級数より引用。
「どうしよう…。良さが分からない…」というのはいいかえると、「『墨だまりを再現』しすぎ?」ということなんです。私はいわゆる「写植を知らない人」で、デジタルフォントに慣れ親しんでしまっているので、この書体の良さが分からないのかもしれません。

細部にこだわる事、そういう小さなところまで気づく目が必要だと、デザイナーとして勉強になった。
タグ:書体 文字

21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月06日

InDesign:テキストの自動流し込みで気を付けること

流し込みたいテキストボックスに、マスター上で既にテキストが入っていると、テキストボックスに流れてくれない。自動流し込み機能はインスタンス化を自動で行うから、安全策としてテキストが既に入ってる場合は流し込めないのではないだろうか。

20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月15日

InDesign:オーバーライドの消去

InDesignでスタイルを適用した後、そのスタイルの書式設定を一部なり変更することをオーバーライドという。オーバーライドのあるテキストを選択すると、スタイル名の右にプラス記号(+)が表示される。
(文字スタイルでは、オーバーライドは、適用された属性がスタイルの一部である場合のみ表示される。)
そして、InDesignでオーバーライドを消去するのにもいくつかあった。
以下InDesignの勉強部屋_CS3_オーバーライドを消去より引用
●オーバーライドをすべて消去する
選択したテキストのオーバーライドをすべて消去したい場合には、[段落スタイル]パネルの[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンをクリックするか、パネルメニューから[オーバーライドを消去]を選択します。
●文字属性のみをオーバーライド消去する
commandキーを押しながら[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンをクリックします。
●段落属性のみをオーバーライド消去する
command+shiftキーを押しながら[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンをクリックします。
●文字スタイルを保持したままオーバーライド消去する
optionキーを押しながら段落スタイル名をクリックします。
●文字スタイルを削除しオーバーライド消去する(段落スタイルのみが適用された状態にする)

オーバーライドを消去したいときは、大体いつもとりあえずデフォルトに戻したい時なので、「オーバーライドをすべて消去する」ばかりしていて、「段落属性のみ」「文字属性のみ」消去というのも考えた事がなかった。[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンも使った事がなかった。
スタイルをあててうまく行かない→何でオーバーライドをしているかわからない→オーバーライドをすべて消去する→再度、良いようにスタイルを当てなおす、という無駄な作業をしているのかもしれない。

23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月12日

Indesign:選択範囲のテキスト

InDesign:字形のつづきという投稿に、梅花藻さんがせっかくコメントしてくれていたのを、承認が遅れてお礼も出来なかった。大変遅れてしまいましたが、梅花藻さん、ありがとうございます。

教えていただいたのは、「/」ではなく「―」で表される分数を、簡単に合字機能で指定する方法。

スクリプトで変換することは可能です。
app.selection[0].opentypeFeatures = [["afrc",1]];
頻出するようならば、スクリプトへとショートカットをあてておけば、楽ができるかと思います。

恐らくだけれど、"afrc"は有効にする合字の種類を指定する識別子なんだろう。この辺り、Indesign用にスクリプトを殆ど組んだ事が無いので、あやふやなのが勿体無い。少しずつQwanの要求にあったスクリプトを組みながら、先達のコードを読み漁り、社内のWikiにでも情報を溜めていこう。

23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

トンボの種類

tombo.jpg
InDesignから、あるデータをPDFに書き出すときに、なぜか思うようなトンボにならないことがあり、きっとデータがおかしいのだ!と決めていたのだが…今日偶然理由を発見。裁ち落としを何mmにするかによって、トンボの幅って変わるのでした。なんだか拍子抜けした。私は裁ち落としを3mm付けたかったのでした。
タグ:トンボ PDF

23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月11日

Indesign:複数のテキストフレームを連結するスクリプト

昨日のQwanの記事を見て、連結したテキストフレームの作成がもう少し楽な方が良いと考え、スクリプトにしてみた。

var frameArray = new Array(); selectionObject = app.activeDocument.selection; for (i=0; i<selectionObject.length; i++) { if(selectionObject[i].constructor.name == 'TextFrame' ) { frameArray[i] = selectionObject[i]; } } if (frameArray.length <= 1) { alert("複数のテキストフレームを選択して下さい"); exit(); } var mainDialogObj = app.dialogs.add({ name:"複数のテキストフレームを連結", canCancel:true}); with(mainDialogObj){ with(dialogColumns.add()){ with(dialogRows.add()){ staticTexts.add({staticLabel:"連結順序を選択してください"}); } with (dialogColumns.add()){ var drpList = dropdowns.add({stringList: ["左上優先", "作成した順"], selectedIndex:0, minWidth:200 }); } with(dialogColumns.add()){ } } } flag = mainDialogObj.show(); if (flag == false) { exit(); } if (drpList.selectedIndex == 0) { alert ("左上優先で連結します", "選択された連結順序"); frameArray.sort(mySort); } else { alert ("テキストフレームを作成した順番で連結します", "選択された連結順序"); } for (i=0; i<frameArray.length-1; i++) { frameArray[i].nextTextFrame = null; frameArray[i].nextTextFrame = frameArray[i+1]; } function mySort(a, b){ var a_y = a.visibleBounds[0]; var a_x = a.visibleBounds[1]; var b_y = b.visibleBounds[0]; var b_x = b.visibleBounds[1]; if (a_y > b_y) { return 1; } else if (a_y < b_y) { return -1; } else if (a_y == b_y) { if (a_x == b_x) { return 0; } else if (a_x > b_x) { return 1; } else if (a_x < b_x) { return -1; } } }

ソート辺りが物凄くかっこ悪いな。そのうち直そう。
万が一使い道を見つけた人用に、ライセンスはパブリックドメインとしておきます。一切著作権に基づく要求をしません。

…そう言えば、せうぞーさんは、うちの会社にとても縁深い人だった。上司とApple関係のイベントに行った事があったり、せうぞーさんのコードも混ざってるかも知れないスクリプトを今でも使ってたり。何て素敵な狭さ。

22:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | Neran-Note

InDesign:グラフィックス化

outline.jpg
InDesignでは、テキストフレームを選択してグラフィックス化すると文字がずれてしまうので、アウトラインが必要な場合は気を付ける事。
以下【Adobe InDesign】データ作成上の注意点-印刷の通販グラフィックより引用。
InDesignはテキストのアウトライン化には2種類の方法があります。
インライングラフィックスとしてのアウトライン化
テキストツールで特定の範囲のテキストを選択し、書式メニューからアウトライン作成を実行すると、選択された部分のテキストがインライングラフィックスとしてアウトライン化されます。
テキストフレームを選択してのアウトライン化
Illustratorと同様にアウトラインを取りたいテキストフレームを選択ツールを使って選択してからアウトライン作成を実行します。
「インライングラフィックスとしてのアウトライン化」は、フォントのバウンディングボックスを基準に行われるため、テキストストーリーの中でこれを実行するとアウトライン化を行ったテキストの前後のバウンディングボックスの分だけ文字の位置がずれてしまいます。出力対応でアウトライン化される場合、「テキストフレームを選択してのアウトライン化」を行って下さい。
タグ:InDesign

22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2008年12月10日

InDesign:カレンダーを作成

calendar.jpg
InDesignでカレンダーを作る。一度作成した型を、これから何度も使用して行きたい場合、どう作成しておくのがベストなんだろう。
【段組】にしておくと、テキストが連結できるため、曜日と日にちが変わっても修正が簡単。
【表】にしておくと下地に色を付けたり、線の設定などが簡単。また斜線をいれて日にちを2つ入れる事も簡単。
というわけで、レイヤー分けして都合の良い作り方をしたそれぞれ二つを重ねる、図のような作り方をしたのだが…。これが一番良い方法だろうか?
タグ:InDesign

22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。