2009年11月20日

idlk:InDesignLockFileとは

InDesignファイルを開いたときや、InDesignが途中でクラッシュした時に同階層に生成される「.idlk」という拡張子の、半透明のアイコン。これについて調べてみる。
これは、「InDesign Lock File」というものらしい。そして、とても詳しい説明を見つけた。
以下、What's in DTP: 【InDesign】ロックファイルの正体。より引用。

InDesignファイルを開くと、必ず「.idlk」という拡張子が付いた「ロック」ファイルが同階層に生成されます。
InDesignを使い始めたとき、私は何とかしてこのファイルを開こうとしました。そこに何か仕掛けがあるのではないかと思って。結局、クラッシュした場合に備えて、リカバリーデータをこのロックファイルのようなテンポラリーファイルに保存していることがわかりました。
しかしロックファイルをチェックしてみると、ファイルサイズは常にゼロです。中には何もないのです(私の知る限りでは)。
Adobeのエンジニアに訊いてみたところ、ロックファイルは単にInDesignファイルが開かれていることを示しているだけだというのです。なぜこんな仕掛けが必要なのでしょうか?
InDesignのデータは実際には情報のデータベースなので、他のデータベースと同様、同時に複数のユーザーが開くことができるのです。
複数人が同じファイルを変更しようとする事態が起こるであろうことをAdobeは認識しており、解決策としてInDesignファイルが既に開かれていて、変更不可であることを警告するだけのファイルを生成することにしたのです。だから、InDesignファイルを閉じると、ロックファイルも消滅します。
万が一InDesignファイルがクラッシュした場合は、プリファレンスフォルダ内(訳註:WindowsはDocuments and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Adobe\InDesign\<バージョン>\Caches\InDesign Recovery)のリカバリーデータでファイルの復元を試みます。InDesignファイルが開いていないのに、ロックファイルがまだ残っていたら、それはプログラムがロックファイルを削除する前にInDesignが落ちてしまっただけのことですので、削除して構いません。

「InDesignファイルが開いていないのに、ロックファイルがまだ残っていたら、それはプログラムがロックファイルを削除する前にInDesignが落ちてしまっただけのことですので、削除して構いません。」とは驚き。復元データは、別にリカバリーデータがあるのですね!
そういえば、InDesignを複数人で編集できると聞いた事があったなあ。ロックファイルは、複数人での利用時の安全性を守るためにあるのですね。「InDesignのデータは実際には情報のデータベース」と言う部分が、きちんと理解できていなけど…IDMLとは、そういうものが発展したものなのだろうか?

ところで、このInDesign Lock Fileは、どんどん、作業の記憶を残して行くようです。
作業を記憶しフリーズや強制終了の場合にも復元可能にしてくれることがあります。しかし、このファイルにより、同じファイルでずっと作業を繰り返していくと、使用している画像自体は変わらなくても、どんどんファイルの容量が膨れあがって大きくなっていきます。適当なところで名前を変えて別名保存すると作業記録がクリアされ、ほぼ、元のデータ容量に戻ります。
試してみたところ、容量が5分の1になったりしました。これはFlashなども同じ仕組みのようです。1日の作業終了時に、別名保存して、容量を小さくしておこう。
タグ:InDesign

08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年08月16日

HTMLを書く

website.jpg
初めて、HTMLをきちんと書いてみた。考え方や基礎は教わって、後は調べたり、ほかのサイトのソースを見てみたりしながら。
印刷物のデザインよりも、サイトのデザインは最初にきちんと設計が必要とか、フレームを意識してとか言われていた意味が少し理解できた気がする。

いつも何気なく見ているサイトって、こうやって表示されているんだ、っていうのが少しわかっただけで、難しそうと思っていた壁の向こうがのぞけた気がする。コーディングって、こういう作業なのか。

03:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年08月12日

InDesign:スニペット

InDesignの「スニペット」という機能。
まず、スニペット(snippet)とは?
以下スニペットとは|ホームページの作り方より。
スニペットとは直訳すると「切り取られた小片」や「断片」、「切れ端」といった意味です。また、情報・ニュース・会話・書き物などの断片や短い抜粋という意味もあります。最近ではもっぱらGoogle等のインターネット上の検索サイトの検索結果に表示される、検索ワードが含まれたテキストの抜書きのことを指すことが多いようです。
タグ:InDesign

18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年08月11日

Rawデータを再サンプルで画素数を大きくする

Re_sample.jpg
PhotoshopのCamera Rawで、画像の再サンプルができることを知った。ワークフローオプションの、「サイズ」という項目で、Photoshop に読み込まれるときの画像のピクセル寸法を指定できる。(初期設定は、画像を撮影したときのピクセル寸法。)水増しには違いないが、Photoshop上で水増しするよりも高品質に仕上がる。
今まで、このカメラでは、これ以上の画像は作れないのだと思っていたので、驚きと同時にショック☆
であれば、さらにカラースペースを16ビットを指定した方が高品質なのだろう。

20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年08月06日

InDesignのブック機能

2.jpg1.jpg
ページものをあまり作らないために今まで使っていなかった「ブック機能」だが、おもしろいので、作ってみる。一番代表的な使い方は、個別のドキュメントに一度にノンブルを通すもの。一つ一つ開いてノンブルを設定しなくても良いし、各ドキュメントをブック上で動かすだけでドキュメントの順番を変更できる。
また、個別のドキュメントの中で「スタイルソース」とするドキュメントを選んで、そのドキュメントにスタイルなどを同期する「ブックを同期」機能もある。使用すると同一スタイル名のスタイルは「スタイルソース」のスタイルに同期される。各ドキュメントを同期しなければ、それぞれのドキュメントに同一スタイル名の違うスタイルを当てることができるが、同期してしまうと大変なことになるので、気をつける。間違えて、この前同期してしまった。
スタイルを使用していないドキュメントにも、そのスタイルができる。

12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年07月03日

[NoScriptで見る] インフラジスティックス・ジャパン

.NET用のGUIライブラリなどを開発・販売する Infragistics の日本法人、インフラジスティックス・ジャパンの公式サイトが、NoScriptで見るとひどい。

ページ上部の総合メニューが機能しないのはまだしも、各ページの詳細な内容が表示すらされない。

機能しないメニュー
表示されない内容

警告なり代替内容なりが出れば別に問題も無いのに、なんでこうもほったらかしなんだろう。しかも、Web向けのミドルウェアまで開発している会社なのに。まさか『NetAdvantage ASP.NET』を使うとこうなりますよー、ってアピールじゃないだろうしなあ。

JavaScriptなりFlashなり、それありきで開発するのは極普通なのに、それが無い場合を想定していないってのが凄く変。それから、一番大切なコンテンツを、より不確実性の高い方法で配信しようってのも、変。

20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

2009年03月27日

[NoScriptで見る] 中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズの公式サイトが、NoScriptで見ると楽しい。

doara.jpg

警告に、こうユーモアを込める事が、とても良い印象。特段印象の無かった中日ドラゴンズがちょっと好きになった。勝手な感想だけれど、こういう感覚が果たす事もあるんだと思い出した。

中央の広告バナーが表示されない事については、何のメッセージも無い。広告について露骨に警告しないというのは、あざとく見せないポーズとしてありか?

23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

2009年02月24日

OSXで圧縮されたデータ

ある業者さんからメールでもらったデータを解凍すると、ものすごい文字化けがしていた。また、たくさんのゴミファイルがついてきた。調べてみると、OSXで圧縮されたデータだったことが判明。これを回避する方法があった。
以下高橋敦の「Macでいいじゃん!」第19回:Win相手にMacでZIP圧縮は使えない……そんなふうに考えていた時期がオレにもありました - ITmedia +D PC USERより。
「CleanArchiver」には「.DS_Storeを含めない」「アイコンファイルを含めない」という設定が用意されており、それを有効にすれば前述のゴミ問題を回避できる。文字化けの問題は残るものの、これについては(原始的な方法だけど)「圧縮するフォルダ/ファイル名に日本語を使わない」ということで回避できる。LZHファイルとちがってWindows側でも追加のソフトウェアなしで解凍できる点も便利だ。

さらに、この方は文字化けも回避できるツールを発見されている。
「Windowsで解凍してもゴミも出ないし文字化けもしないZIP圧縮ツール」は常に探し続けていた――そして、見つかったのである。その名も「Windowsで文字化けしないzipを作るAppleScript」
(略)ダウンロードした「Windowsで文字化けしないzipを作る.app」を「アプリケーション」フォルダにコピーしたら、同じく「アプリケーション」フォルダに別途ダウンロードしたファイル名文字コード変換ツール「convmv」もコピー。これで準備完了。あとは一般的な圧縮ソフトと同じように、圧縮したいファイル/フォルダをドラッグ&ドロップすればOKだ。

自分がmacユーザーだったら、気が付かずに迷惑なデータを送ってしまっただろう…と思うと怖い。
タグ:OSX

23:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年02月23日

Office系データから印刷用データを作成する時に気を付けること

Word・Excel・PowerPointなどOffice系のデータ入稿はわりとよくある。最終的にpdf/x-1aにして印刷したい時に、データで気を付けるべき点。
@文字化け
A書体化け
書体がないと化ける。また、あっても埋め込めない書体もある。
[対応策]書体を近い書体に置き変える、もしくは埋め込めないものはIllでアウトラインをかける…など
B解像度
Wordなどで「塗りのパターン」を使用しているとき、書き出しの解像度が変わるとパターンの大きさも変わってしまう。
[対応策]適切な解像度の設定が必要。
C透明
透明のかかったオブジェクトはうまく書き出せないことがある。
[対応策]透明が不要ならなくし、その他の場合…画像化するなど。
Dページ設定
お客さんのところのページ設定と変わってしまい、版面等が変わってしまう可能性がある。
[対応策]出力見本をもらい、それに合せるようにする。

23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年02月13日

ロゴのコンセプトを考える

horror films.jpghorror films2.jpg
ロゴは、コーポレートアイデンティティのひとつ。企業・グループ・イベントが持つ特徴や理念を表したマーク。ロゴをデザインするには、そのものの本質や理想像をつかむ事が必要だと思う。どういう企業で、どういう理念をもって、どういうイメージを持ってほしいと思っているか。そういうものを言葉ではなく、形で伝えるもの。とても難しいけど、なるほど、というアイデアを見ると楽しい。
この「Horror Films」を見た時は笑ってしまった。LogoPond - Identity Inspiration -より。フィルムを巻く「巻き枠」と、ムンクの叫びのような顔。(黒地に白抜きの白い顔が怖さをより表すみたい。黒ベタの顔は私が作成。)
It's so simple it's scary…!
円が4つあるだけのシンプルさ。それを、なんだろ?と思ったところに、その下の文字「Horror Films」。そこで、「ああ!(笑)」っていうデザイン。そういう狙いがあるから、マークの方もの書体も、変におどろおどろしいわかりやすいフォントではなく、シンプルな形で構成しているのだろう。それでもぱっと人に伝わる。説明が多く要らずにそのものの本質が伝わり、さらに驚きと「にんまり」っていうのがある、優れたロゴ。また、誰でも書けるし、一度わかったら忘れられないインパクトがある。シンプルな形だからこその力。

20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。