2009年11月27日

[GAE] リソースの割り当てと課金設定

GAEでは、一定の基準までは割り当てられた各リソースを無料で利用できる。無料となる基準はリソースごとに設けられており、それを超えた場合、リソースの単位で動作が停止する。致命的なリソース(リクエスト・CPU時間・帯域)の枯渇時はステータスコード403が返り、それ以外のリソース(DB・メール等)ではアプリケーションへ例外を投げる。

無料となる基準以上に利用する場合は、課金設定を行わなければならない。設定した予算に応じて課金され、リソースの割り当てが追加される。また、課金の如何によらず、アプリケーション単位での最大割り当ては固定である。

リソースの割り当ては、PSTの0時を基準とする24時間で判定される。24時間ごとにリソースの割り当てが無料分上限まで補充され、課金時の最大割り当て計測もリセットされる。

課金予算は、PSTの0時を基準とする24時間を単位に設定する。予算は米ドルで設定し、課税対象となる。

割り当ての基準は割り当て - Google App Engine - Google Codeを参照。

課金の詳細はリソースの課金と予算設定 - Google App Engine - Google Codeを参照。

13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。