2009年02月24日

OSXで圧縮されたデータ

ある業者さんからメールでもらったデータを解凍すると、ものすごい文字化けがしていた。また、たくさんのゴミファイルがついてきた。調べてみると、OSXで圧縮されたデータだったことが判明。これを回避する方法があった。
以下高橋敦の「Macでいいじゃん!」第19回:Win相手にMacでZIP圧縮は使えない……そんなふうに考えていた時期がオレにもありました - ITmedia +D PC USERより。
「CleanArchiver」には「.DS_Storeを含めない」「アイコンファイルを含めない」という設定が用意されており、それを有効にすれば前述のゴミ問題を回避できる。文字化けの問題は残るものの、これについては(原始的な方法だけど)「圧縮するフォルダ/ファイル名に日本語を使わない」ということで回避できる。LZHファイルとちがってWindows側でも追加のソフトウェアなしで解凍できる点も便利だ。

さらに、この方は文字化けも回避できるツールを発見されている。
「Windowsで解凍してもゴミも出ないし文字化けもしないZIP圧縮ツール」は常に探し続けていた――そして、見つかったのである。その名も「Windowsで文字化けしないzipを作るAppleScript」
(略)ダウンロードした「Windowsで文字化けしないzipを作る.app」を「アプリケーション」フォルダにコピーしたら、同じく「アプリケーション」フォルダに別途ダウンロードしたファイル名文字コード変換ツール「convmv」もコピー。これで準備完了。あとは一般的な圧縮ソフトと同じように、圧縮したいファイル/フォルダをドラッグ&ドロップすればOKだ。

自分がmacユーザーだったら、気が付かずに迷惑なデータを送ってしまっただろう…と思うと怖い。
タグ:OSX

23:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | Qwan-Note

この記事へのコメント
Try modified version of CleanArchiver
This version has some more powerful features.
It supports Windows compatible zip filename using "CP932" or "SJIS" encoding option.
And it has some more...

http://trip2me.tistory.com/56

from 朴昶笵.
Posted by 朴昶笵 at 2010年03月04日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。