2009年01月31日

InDesign:パッケージ

1.jpg
InDesignでは、ドキュメント作成に使用したフォントやリンクした画像ファイルを収集してくれるパッケージ機能がある。これを実行すると、 ドキュメントまたはブックファイル・必要なフォント・リンクグラフィック・テキストファイルと、いろんな設定(使用するすべてのフォントのリスト、リンク、ドキュメントをプリントするためのリンクなど、出力指示ダイアログボックスとプリント)の情報が含まれているレポートを含むフォルダを作成してくれる。グラフィックのみ、フォントのみのコピーということもできる。
それと同時に、プリフライトチェックが自動的に実行され、印刷をする際に問題のある領域が検出されると、ダイアログボックスが表示される。
この機能は、作成時に色々持ってきたファイルを、最終的に使用した物だけに整理する際に便利だと思う。特に配置画像が膨大になるページ物とか。
気を付けないといけないこともいくつかありそうで、
以下InDesignの勉強部屋_1.0_セミナーでの話より引用。
[パッケージ]で収集されるフォントは欧文フォントのみで、Adobeの欧文フォントに関しては、出力や印刷目的でのコピーは大丈夫との事でした。(ただし、合成フォントで使用した欧文フォントは収集されないようです)
又、配置した画像にリンクされた画像も収集されませんので、ご注意下さい。

あと、InD-Boardにかかれてある「パッケージでのファイル増殖」とか。これはトラブル回避のためのものみたい。

疑問1.なぜ「フォントのコピー(欧文のみ)」なんだろう? ライセンスの問題?
疑問2.試してみたところ、ペーストボード上のグラフィックは収集しないみたいだが、ペーストボード上のフォントは収集してくれるみたい。どういう差なのだろう?

20:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | Qwan-Note

この記事へのコメント
> 疑問1.なぜ「フォントのコピー(欧文のみ)」なんだろう? ライセンスの問題?
その通りです。

> 疑問2
なるほど。普段ペーストボードにアイテムを置きっぱなしにしないので気付きませんでした。
無用なトラブルを避けるため、完成データのペーストボードにはアイテムを置きっぱなしにしないことをお勧めします。
どうしても保存しておきたいアイテムはライブラリやスニペットを利用するとよいかも。
Posted by いき♂ at 2009年02月22日 08:54
いきさん、コメントありがとうございます!
疑問に答えてくださって嬉しいです。

> 無用なトラブルを避けるため、完成データのペーストボードにはアイテムを置きっぱなしにしないことをお勧めします。

確かにそうですね…。あれこれ置いたり除いたり、散らかった状態で作業してしまっています。まだライブラリやスニペットの活用法などがわかっていません。きっと、効率がよくなるのですよね。これから使ってみて、良い活用法を見つけて行きたいと思います。
Posted by Qwan at 2009年02月23日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。