2009年01月22日

DocuColor4055での2色印刷シュミレーション

白黒.jpgカラー.jpg2色.jpg二色2.jpg
ZEROXのDocuColor4055を使用してのプリントについて発見した事がある。
ZEROXのDocuColor4055には、特色同士をかけ合わせる2色印刷のシミュレーションの機能がある。これは、例えばK版で作成したものを「dic255」と指定すると、dic255の擬似色でプリント出力してくれるという機能。印刷用のデータとしてK版やM版で作成して、校正出しはプリントで簡単に色を付けたいときに便利な機能。

ただ、ときどき、理由ははっきりしないけど2色印刷シミュレーションが上手くいかない事がある。
例えば色の指定がCMYK4版のK100%ではなくグレースケールの黒100%の場合。特色に置き変わらずに黒で出てしまう。他にもなぜか出ない場合があった。そのときは今までは、一度PDFx/1-aにしてから、2色印刷シュミレーションでプリントすると解決していた。
今日発見したのは、プリンターに送るときに「印刷設定」の中の「用紙/品質」は『白黒』の設定に。「Print Server Series」の設定は『カラー(CMYK)』に。そうすると、何の問題もなく、墨100%のものであろうと、特色でプリント出力できた。
もしも同じ悩みの人がいたら、試してみてください。

22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。