2009年01月11日

[NoScriptで見る] 関心空間

この記事の目的等については、[NoScriptで見る] はじめにを見て下さい。

関心空間

久しぶりにたまたま見た関心空間のナビゲーションが、NoScriptで見ると機能していなかった。

関心空間というのは、キーワード同士の関連付けが特徴の口コミ用フォーラム。何度か試したけども、その際のキーワードでは情報に偏りがある上、書き込みも古過ぎ、あまり参考にならなかった。キーワードによっては使えるのかもしれない。

収益モデルは広告掲載で、広告主向けの資料(※PDF注意)を見ると月間700万PVあるらしい。結構大きい。

機能しないもの

トップページから動的キーワード一覧も検索も使えないっていう、悲しい状態。

キーワードの分類切り替え

まず、「最新キーワード」と「人気キーワード」の分類切り替えが、実質機能しなくなる。どちらも多くの情報を仕舞い込むために、リスト要素の一部を隠している。そして表示対象となる分類の切り替えを、JavaScriptによるスライドやタブ風の挙動で行う。

問題は、デフォルトの隠すスタイルが、静的なCSSで指定されている事。その為に表示対象の切り替えが行えなくなると、デフォルトの分類以外が表示できない。それどころか「最新キーワード」はデフォルトで何も展開されていない為、全く内容が見えない上、サイズの算定も狂ってフッターが本文ブロックに被ってしまう。

隠れているキーワードそのものは取得されているため、スタイルシートを無効にすれば表示は出来る。当然、JavaScript側で隠す処理をしていればそんな手間は要らない。勿体無い。

検索フォーム

次。検索フォームが使えない。JavaScriptでリクエスト発行、というわけじゃなく、単にsubmitボタンのdisabled属性が指定されているため。空欄のままの検索を防ぎたかったらしく、JavaScriptの実行を許可して何らかのテキストを入力すると、disable属性は外れてボタンが機能する。

空欄検索がそんなに困るのか、試しに空欄検索になるようhttp://www.kanshin.com/keyword/?q=にアクセスすると、全キーワード合致という結果が返ってくるだけ(キーワード一覧 - 関心空間)。

検索テキスト指定時と空欄時で、ページタイトルは一応適した形式に振り分けられているので、空欄による全件表示が想定外ではないみたい。デフォルトdisableひとつで、何か大損してる。

まとめ

内部ではきちんと機能するものが用意されているのに、クライアント側の状態によってそれが使えない。これはとても勿体無いと思う。どの問題も、小さな変更で修正できるものだから、尚更に。

「クライアントサイドに依存せず機能するもの」に「使い勝手を向上するスクリプト等」を付け加える。こういう単純な設計をするだけで起きなかった場合が、NoScriptで見掛ける一番悲しい類。

12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。