2008年12月15日

InDesign:オーバーライドの消去

InDesignでスタイルを適用した後、そのスタイルの書式設定を一部なり変更することをオーバーライドという。オーバーライドのあるテキストを選択すると、スタイル名の右にプラス記号(+)が表示される。
(文字スタイルでは、オーバーライドは、適用された属性がスタイルの一部である場合のみ表示される。)
そして、InDesignでオーバーライドを消去するのにもいくつかあった。
以下InDesignの勉強部屋_CS3_オーバーライドを消去より引用
●オーバーライドをすべて消去する
選択したテキストのオーバーライドをすべて消去したい場合には、[段落スタイル]パネルの[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンをクリックするか、パネルメニューから[オーバーライドを消去]を選択します。
●文字属性のみをオーバーライド消去する
commandキーを押しながら[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンをクリックします。
●段落属性のみをオーバーライド消去する
command+shiftキーを押しながら[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンをクリックします。
●文字スタイルを保持したままオーバーライド消去する
optionキーを押しながら段落スタイル名をクリックします。
●文字スタイルを削除しオーバーライド消去する(段落スタイルのみが適用された状態にする)

オーバーライドを消去したいときは、大体いつもとりあえずデフォルトに戻したい時なので、「オーバーライドをすべて消去する」ばかりしていて、「段落属性のみ」「文字属性のみ」消去というのも考えた事がなかった。[選択したテキストのオーバーライドを消去]ボタンも使った事がなかった。
スタイルをあててうまく行かない→何でオーバーライドをしているかわからない→オーバーライドをすべて消去する→再度、良いようにスタイルを当てなおす、という無駄な作業をしているのかもしれない。

23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。