2008年12月11日

InDesign:グラフィックス化

outline.jpg
InDesignでは、テキストフレームを選択してグラフィックス化すると文字がずれてしまうので、アウトラインが必要な場合は気を付ける事。
以下【Adobe InDesign】データ作成上の注意点-印刷の通販グラフィックより引用。
InDesignはテキストのアウトライン化には2種類の方法があります。
インライングラフィックスとしてのアウトライン化
テキストツールで特定の範囲のテキストを選択し、書式メニューからアウトライン作成を実行すると、選択された部分のテキストがインライングラフィックスとしてアウトライン化されます。
テキストフレームを選択してのアウトライン化
Illustratorと同様にアウトラインを取りたいテキストフレームを選択ツールを使って選択してからアウトライン作成を実行します。
「インライングラフィックスとしてのアウトライン化」は、フォントのバウンディングボックスを基準に行われるため、テキストストーリーの中でこれを実行するとアウトライン化を行ったテキストの前後のバウンディングボックスの分だけ文字の位置がずれてしまいます。出力対応でアウトライン化される場合、「テキストフレームを選択してのアウトライン化」を行って下さい。
タグ:InDesign

22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。