2008年07月18日

InDesign:ノンブル(ページ番号)の付け方

indesing_number.jpg
InDesignさんに、現在のページ番号に応じたページ番号を、常に自動でふってもらう方法。

マスターにテキストボックスを作成。テキストボックスにカーソルをいれたまま、メニューから「書式」→「特殊文字の挿入」→「マーカー」→「現在のページ番号」を選択すると、テキストボックスにマスター名が入ります。このテキストボックスに書式やデザインを適用し、ノンブルを置きたい位置に配置。これで、同じマスターがあたっているページには、現在のページ番号に応じた番号を、ノンブルとしてふることができました。

5秒で全ページにノンブルがふれちゃうし、ページが削除されたり追加されたりしても自動で変更してくれるし、1ページだけ位置が間違って動く事はないし、番号が飛んでしまう事もないし…賢いね。でも「ページレイアウトソフト」と呼ばれるもの(Quark・Word・Excelなど)には大抵付いているらしい。よく考えたら、当然手でふるなんて恐ろしいから、必要な機能だ。


今まで私にとってのレイアウトソフトはIllustlatorだったから、それには全く無かった新しい考え方、構造に触れる事が出来て楽しい。
タグ:InDesign

18:46 | Comment(7) | TrackBack(0) | Qwan-Note

この記事へのコメント
でもこの世には、Illustratorで数百ページの冊子作ってる人もいるらしいねえ。怖い。
Posted by Neran at 2008年07月18日 20:32
とても助かりました。
私は6年間、(表紙とハガキ等郵便物の受け持ちで)イラストレーターばかり使っていました。この頃少し組版ぽい仕事がまわってくるようになり、あわててインデザインを使うようになったのですが、すぐそばには聞く人もいないし、アドビのヘルプはいくら見てもピンと来ません。本当にありがとうございます。
Posted by ふじかわ at 2009年12月01日 12:18
ふじかわ様 
嬉しいコメントをありがとうございます。
私も主にチラシや名刺などのものを扱っていたときから、「ページ」という概念のあるInDesignに出会ったときは、なかなかぴんと来ないことが多かったです。私もネットで検索したり本をみながら勉強中です。
Posted by qwan at 2009年12月12日 13:52
昨年の記事にコメントするのもどうかと思いましたが、今現在実地で創りつつ勉強中なので助かりました。ありがとうございます!
Posted by at 2010年04月26日 15:38
遅ればせながら、コメントありがとうございます。
InDesignのノンブルについては、もう少しまとめたものを記事にしたいと思っていますので、コメントが励みになります!
Posted by qwan at 2010年05月01日 08:48
こちらのノンブルの付け方をInDesgin のハウツー本を30分は探し、続けあれこれ試しても成功せず、分からなかったのでネットを検索してこちらにたどり着きました。
なんと3分で解決。(驚)
助かりました!!
Posted by KO2 at 2010年07月15日 18:39
KO2さん、そう言っていただけると嬉しいです。
InDesignは情報量が少ない上、ユーザーの層も偏っているので、中々基本的な情報が少ないですよね。
正・逆どちらからでも引ける情報源があるといいので、そのうち作るかもしれません。
Posted by neran at 2010年07月15日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。