2009年01月31日

InDesign:パッケージ

1.jpg
InDesignでは、ドキュメント作成に使用したフォントやリンクした画像ファイルを収集してくれるパッケージ機能がある。これを実行すると、 ドキュメントまたはブックファイル・必要なフォント・リンクグラフィック・テキストファイルと、いろんな設定(使用するすべてのフォントのリスト、リンク、ドキュメントをプリントするためのリンクなど、出力指示ダイアログボックスとプリント)の情報が含まれているレポートを含むフォルダを作成してくれる。グラフィックのみ、フォントのみのコピーということもできる。
それと同時に、プリフライトチェックが自動的に実行され、印刷をする際に問題のある領域が検出されると、ダイアログボックスが表示される。
この機能は、作成時に色々持ってきたファイルを、最終的に使用した物だけに整理する際に便利だと思う。特に配置画像が膨大になるページ物とか。
気を付けないといけないこともいくつかありそうで、
以下InDesignの勉強部屋_1.0_セミナーでの話より引用。
[パッケージ]で収集されるフォントは欧文フォントのみで、Adobeの欧文フォントに関しては、出力や印刷目的でのコピーは大丈夫との事でした。(ただし、合成フォントで使用した欧文フォントは収集されないようです)
又、配置した画像にリンクされた画像も収集されませんので、ご注意下さい。

あと、InD-Boardにかかれてある「パッケージでのファイル増殖」とか。これはトラブル回避のためのものみたい。

疑問1.なぜ「フォントのコピー(欧文のみ)」なんだろう? ライセンスの問題?
疑問2.試してみたところ、ペーストボード上のグラフィックは収集しないみたいだが、ペーストボード上のフォントは収集してくれるみたい。どういう差なのだろう?

20:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月30日

Illustrator:段落スタイル・文字スタイル

段落スタイル.jpg
IllustratorCSからは、段落スタイル・文字スタイルを当てる事ができるのを初めて知った。Indesignほど細かに指定は出来ないし、文章関係はデータが重たくなりIllustratorではきつそうなので、私はやはりInDesignで仕事をすると思うが、Illustratorしかない人にはありがたい機能なのではないだろうか。

18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月28日

InDesign:未使用のスタイルを削除

未使用の文字スタイルまたは段落スタイルを削除するときに警告が出ることがある。検索でそのスタイルを探しても「一致する文字列またはオブジェクトはありません」と言われるので不思議に思っていた。とりあえずスタイル[なし]で置き変えても問題は起きていないようだったのでそうしていたが、何か問題になることがあるかもしれないと思い気になっていた。
Adobeのヘルプには
使用されていないスタイルをすべて削除するには、スタイルパネルメニューの「未使用をすべて選択」を選択して、削除アイコンをクリックします。未使用のスタイルを削除するときは、スタイルの置き換えを促す警告は表示されません。
とあった。
またInD-Boardに投稿して聞いてみたところ
マスターページを確認されましたか?
検索機能では、マスターページに使われているスタイルは引っかかりませんので・・・

未使用のスタイルの中に、それらの未使用のスタイルのどれかを利用しているスタイルがある場合に警告がでるようです。
たとえば、未使用の「段落スタイル1」と「段落スタイル2」があり、「段落スタイル2」が基準の段落スタイルとして「段落スタイル1」を使用しているような場合です。
とのこと。
削除しようとしたスタイルは使われていなくても、どれかのスタイルの基準になっている場合には警告が出るようです。また、マスターページの文字は検索にかからないことも頭になかったため、そこも今後気を付けたい。
タグ:InDesign

10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月23日

jpegとは

デジカメで撮影した写真、photoshopで加工した写真などの圧縮方式であるJPEG。どうやって圧縮をしているかはあまり知らなかった。
以下JPEG - Wikipediaより引用。
一般的に非可逆圧縮の画像フォーマットとして知られているが、可逆圧縮形式もサポートしている。しかし、可逆圧縮は特許などの関係でほとんど利用されていない。
標準では、特定の種類の画像の正式なフォーマットがなく、JFIF形式が事実上の標準ファイルフォーマットとなっている。
デジタルカメラの記録方式としてもよく利用されているが、デジタルカメラでは様々なオプション機能を使い、JFIFを拡張したExifなどのフォーマットとしてまとめられている。

画像のデータを削除していく方法で圧縮を行うため劣化は必ず起こる。ただjpegは、明度に比べ彩度の変化には鈍感という人間の目の性質を利用して、 色調変化の部分のデータを捨てることでファイル容量を小さくしている。

19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月22日

DocuColor4055での2色印刷シュミレーション

白黒.jpgカラー.jpg2色.jpg二色2.jpg
ZEROXのDocuColor4055を使用してのプリントについて発見した事がある。
ZEROXのDocuColor4055には、特色同士をかけ合わせる2色印刷のシミュレーションの機能がある。これは、例えばK版で作成したものを「dic255」と指定すると、dic255の擬似色でプリント出力してくれるという機能。印刷用のデータとしてK版やM版で作成して、校正出しはプリントで簡単に色を付けたいときに便利な機能。

ただ、ときどき、理由ははっきりしないけど2色印刷シミュレーションが上手くいかない事がある。
例えば色の指定がCMYK4版のK100%ではなくグレースケールの黒100%の場合。特色に置き変わらずに黒で出てしまう。他にもなぜか出ない場合があった。そのときは今までは、一度PDFx/1-aにしてから、2色印刷シュミレーションでプリントすると解決していた。
今日発見したのは、プリンターに送るときに「印刷設定」の中の「用紙/品質」は『白黒』の設定に。「Print Server Series」の設定は『カラー(CMYK)』に。そうすると、何の問題もなく、墨100%のものであろうと、特色でプリント出力できた。
もしも同じ悩みの人がいたら、試してみてください。

22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月21日

InDesign:囲みのあるタイトルを作る

囲み罫.jpg文字スタイル.jpg段落境界線.jpg
InDesignで囲みのあるタイトルを作成したいときに、どうするのがベストかわからずに、いつもその部分のみ「テキスト」を「セル」にしてインライングラフィックスにして作成していた。
しかし、段落境界線を使用するという方法もあった。やはり簡単にぽん、と出来上がるものは今のところ無いようだが、この段落境界線を使用する方法だと、テキストをセルにしなくてよいし、スタイルは一度指定すれば良い。
以下InD-Boardより引用。
InDesignで文字の下に帯をつける
段落境界線と下線の組み合わせで作成できると思いますよ。
前境界線と後境界線を重ねて囲み罫を作成して、タブ文字を使ってインデントをしつつ下線で先頭の色ベタを作成します。

背面に前境界線を「罫線の色」として前面に後境界線を「色ベタ」として設定していると思いますよ。

今回初めてInD-Board投稿して聞いてみたところ、とても早くお返事をくださり、方法を教えていただいた。それにすごく感動した。本当にありがとうございました。無償でみんなが(中にはせうぞーさんの姿も。)教えあっていて、しかもとってもお返事が早い!すごくいいなあ、ネットってすごいなあ…と本当に実感。素材を探すにしても、パブリックドメインでとてもたくさん素敵な素材があるんだもん。何年か前とは比べ物にならない。
タグ:InDesign

16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月19日

「PDF/X-1a」書き出し設定

吉田印刷所さんのサイトをみてから、印刷用のPDF/X-1aを作成する際、画像の「ダウンサンプル」は「しない」に設定していた。
[1164][PDF]InDesign CS3:PDF保存時の設定について(PDF/X-1a)より
デフォルトのPDF/x-1a:2001(日本)は「ダウンサンプル」は「450ppiを超える場合は300ppi」にダウンサンプルするようになっている。なぜ「ダウンサンプル」しない設定なのかわかっていなかったが、ここに書いてあった。
以下River Blog 「PDF/X-1a」書き出し設定より。
(「PDF/X-1a」用のジョブオプションを)暫く使用していると、特に小さな画像が今までよりもシャープネスがおち、ぼけて出力される現象が現れる様になりました。原因は、画像の「ダウンサンプル」でした。
容量を軽くしたい場合は良いのですが、印刷用の出力解像度は2400ppiです。画像を縮小して使用する場合、解像度は高くなります。450ppiを超えてしまう事も珍しくないのですが、それを全て300ppiにダウンサンプルしてしまうと、シャープネスのエッジも無くなってしまいますので、ぼやけた感じになる場合があります。2400ppi出力ではその違いが現れてしまいます。
「PDF/X-1a」の規格には画像の解像度の規定はないので、弊社では印刷用「PDF/X-1a」書き出し時、カラー画像、モノクロ画像ともにダウンサンプルはオフにしています。(画像解像度を落としたい場合以外)
「モノクロ画像」(線画)は今のところ問題は起こっていないのでいないので初期設定のままです。
Adobe CS 2」以降は、InDesignやIllustratorでも「PDF/X-1a」書き出しができるので、弊社ではダウンサンプルはオフにしています。
※比較的解像度の低い出力デバイスの場合は違いが現れなかったり、モアレ、ビビリが発生してしまう時には、ダウンサンプルした方が良い場合もあります。また、ダウンサンプルする解像度を300ppiではなく、もっと高い解像度に設定する方法も良いと思われます。


「PDF/X-1a」の規格には画像の解像度の規定はないのだなあ。上記をしらないと、データでどんなにシャープネスをかけても無駄になってしまう。
しかし、印刷で必要な画像解像度は350ppiじゃないかな…?わからなくなってきた。dpi…ppi…
明日はここを読もうかな。
デジタル画像の単位について[dpi、ppi、lpiの関係] - Koss

20:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月18日

ピアノについて

今日使われているピアノはイタリア人のチェンバロ製作家でメディチ家に仕えたバルトロメオ・クリストフォリ - Wikipediaが、熱心な楽器愛好家だったメディチ家の王子の要請によって1709年に試作したのが始まり。当時権力や財力を持つ人は、多大なお金をかけて自分のための楽器を作らせていた。チェンバロの外形を使用し内部はハンマーで弦を打つもの。チェンバロがピアノに地位を譲ることになったのは、ピアノが音の強弱や微妙なニュアンスの変化を出すのに優れていたから。ピアノという名前は『ピアノ(弱音)もフォルテ(強音)も出せるチェンバロ』→『ピアノフォルテ』→『ピアノ』から。
グランドピアノは弦が水平に張られた平型のピアノ、アップライトピアノは弦が垂直に張られた縦型のピアノ。場所をとらない家庭用のピアノとしてアップライトピアノが生まれた。
以下ピアノ - Wikipediaより引用。
アップライト・ピアノは、フレームと弦を地面と垂直に配し、鍵盤とハンマー部分から上下に延びるように作られているため、グランド・ピアノよりも場所を取らない。一般に、水平に動くハンマーでは、反応のよいピアノ・アクションを製造することは難しいと見なされている。これは、ハンマーの戻りがバネに依存しており、経年劣化するためでもある。これに対して、グランド・ピアノではハンマーは重力によって戻るので、アップライトのハンマーよりも動きが一定であり、演奏のコントロールも楽になる。しかし、通常はよく調整されたアップライト・ピアノは調整されていないグランド・ピアノよりも弾きやすく、現在では最高品質のアップライトであれば、一部の同程度の大きさのグランド・ピアノには負けない程度の音質と反応のよさを得ている。
グランド・ピアノのアクションがアップライト・ピアノのアクションに勝っている1つの重要な点は、グランド・ピアノにはアクションの中にレペティションレバーという特別な機構があり、アップライトにはこれが欠けているという点である。この機構により、グランド・ピアノでは連打やスタッカート、トリルなどをアップライトよりも素早く、制御して演奏することができる。

弦が垂直にとか水平にとか考えたことがなく、先日間違ったことを教えてしまいました。ピアノもたくさんの曲があり日本にも普及しているが、試作が始まったのはたかだか300年前なのだ。(ちょうど今年300歳?)
タグ:ピアノ

16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月17日

InDesign:見開きからページを始める

ページ番号割り当て.jpgページ.jpg
InDesignで見開きからページを始める方法は「選択スプレッドの移動を許可」しなければできるが、他にもこんな簡単な方法もあった。どっちもそんなに手間は変わらないけど。また現在のページ番号をノンブルに入れる場合はやっぱりスプレッドの移動でしないと。
以下[9128]見開きドキュメントの作り方より引用。

最初のページのページ番号を偶数から始めて下さい。
なお、最初のページのノンブルを奇数にする必要がある場合には、ページパレットで「ページを移動許可」のチェックを外し、1ページめを削除して下さい。

20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月16日

InDesign:スウォッチにカラーを追加する

新規カラー.jpgスウォッチ.jpg
InDesignで、スウォッチにカラーを追加する方法。
「ウインドウ」→「スウォッチ」で「新規カラースウォッチ」で追加する。
わざわざ「表」→「セルの属性」→「罫線と塗り」から塗りを選ばなくても、普通にカラーのパネルを触れば普通に色は変えられる。ただ、今日の学びノートの「Indesign CS3 スタイルでのカラー指定」にあったように、色宣言と使用の分離をして計画的に使用色を管理するのは良いと思った。
タグ:InDesign

10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

活字の作り方

活字の作り方
以下http://www.wgn.co.jp/store/dat/3119/
「デザインの前に耳を傾けるべきこと 文字は語る」より。

活字の作り方には
A.原寸で彫刻する
B.拡大した字を作図する
の2種類ある。
原寸の彫刻は全て凸刻で逆字を彫る。
材料には@軟鉄 A木の種字材(駒) B活字材
がある。
Aの木彫種字は約100年にわたり日本の活字製作の主流を占めていた。木材は粘り気のある黄楊が使われていた。Bの活字材とは鉛・アンチモニー・錫の三元合金。


木のものが主流だったの? と以外に思う。
タグ:活字 文字

00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月14日

CIを考える

CI(Corporate Identity)を考える。
以下コーポレートアイデンティティ - Wikipediaより引用。
コーポレートアイデンティティ(Corporate Identity 略称:CI)は、企業がもつ特徴や理念を体系的に整理し、簡潔に表したもの。一般顧客からみて企業を識別できるような、その企業に特有のもの。また、これを外部に公開することでその企業の存在を広く認知させるマーケティング手法のこと。類似概念にヴィジュアル・アイディンティティー(VI)があるが、こちらはマークなど見た目に限定された概念である。

CIを考える際には、その企業がもつ特徴や理念を体系的に整理する。さらに、どういうシチュエーションで使用しうるかなどもお客さんに提示してあげる事が必要。CIは、様々な用途・環境下・サイズで使われうる。
また商標登録を考えているかも確認する。その場合完全にオリジナルか、フリーのフォントでなければ登録できない。
タグ:CI デザイン

21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月13日

モーツァルトの「不協和音」

ある本でモーツァルトの記述のところでハイドン・セットという言葉に出会った。
以下ハイドン・セット - Wikipediaより引用。
ハイドン・セット(ハイドン四重奏曲)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの作曲した弦楽四重奏曲である。6曲まとめてヨーゼフ・ハイドンに献呈されたので、「ハイドン・セット」または「ハイドン四重奏曲」と呼ばれる。モーツァルトが2年あまりを費やして作曲した力作であり、古今の弦楽四重奏曲の傑作として親しまれている。

そのうちの1曲、とても惹かれるものがある。
1785年に作曲されたハイドン・セット全6曲中最終曲の弦楽四重奏曲第19番ハ長調K.465『不協和音』。この曲の第一楽章の冒頭22小節は、極めて不穏で大胆な、和声効果を持つ序奏。第1ヴァイオリンのAは、ヴィオラのAsと「対斜」を成している、つまり禁則をおかしていることで有名である。モーツァルトや写譜職人の誤記として、一時期は加筆訂正するということまで行われたらしい。
以下江村哲二の日々創造的認知過程: モーツァルトの「対斜」より引用。
和声法や対位法などの作曲学を学ばれた方ならご存知であろうが,連結すべき2個の和音の構成音のうちに半音階的関係を成す2音が含まれる場合には,それらの2音を同一声部で処理しなければならないという規則があって,それに反することを「対斜」という。
古くからこの「禁則」はかなり厳しいものであって,モーツァルトのKV465の冒頭のこのAdgioは,作曲学的に明らかに「誤り」であるから,19世紀の一時期にはこれを加筆訂正するということまで行われた。


以下留魂録 (道楽日記): 2006年12月より引用。
しかし、現代に生きる我々にはそれは、さほど奇異に感じない音なのだ。ロマン派・現代音楽を経て、こういう音があるとわかっているからだ。しかしモーツァルトの生きた18世紀では理解されなかったであろうと想像する。ハイドンに献呈された中にこれがあるのは、ハイドンならこの斬新さがわかってくれると思ったのではないだろうか。さて、その不協和音部分はおいといて、それに続くアレグロの主題の快活さはなんだろう。いつもの秩序を取り戻した響きに満ちた音のシャワー。陽の光が燦々と降り注ぐ大地にいるのような気分にさせてくれる。形も色も距離も極めて明確な音楽とはこのことか。

当時聴いた人たちと、現代の私たちの間にあるギャップ、それは単なる曲・音への慣れなのだろうか。たしかに、今の私たちが聴くと、大きな違和感も感じないし、この後の明るい曲への流れも不自然ではない。(確かに緊張感が感じられるし、心惹かれる程度の違和感はあるけれども。)
このときのモーツァルト自身も、人々が理解しがたいのを承知の上でそれを選択したのか、モーツァルト自身はこの音をそこまで奇異に感じていなったのか、何を表現したくてこの不穏さと次の小節からのギャップを表現したのか、とても興味がある。
また、今違和感に感じても、それは未来にはそうでもなくなっていることがありえる。人の感覚は普遍ではなく、そして、それはたぶん人の一生と言う短い間でさえも変わるものなのだ、ということにわくわくした。

それにしても江村哲二さん、亡くなっていたのですね。
タグ:音楽

22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月11日

[NoScriptで見る] 関心空間

この記事の目的等については、[NoScriptで見る] はじめにを見て下さい。

関心空間

久しぶりにたまたま見た関心空間のナビゲーションが、NoScriptで見ると機能していなかった。

関心空間というのは、キーワード同士の関連付けが特徴の口コミ用フォーラム。何度か試したけども、その際のキーワードでは情報に偏りがある上、書き込みも古過ぎ、あまり参考にならなかった。キーワードによっては使えるのかもしれない。

収益モデルは広告掲載で、広告主向けの資料(※PDF注意)を見ると月間700万PVあるらしい。結構大きい。

機能しないもの

トップページから動的キーワード一覧も検索も使えないっていう、悲しい状態。

キーワードの分類切り替え

まず、「最新キーワード」と「人気キーワード」の分類切り替えが、実質機能しなくなる。どちらも多くの情報を仕舞い込むために、リスト要素の一部を隠している。そして表示対象となる分類の切り替えを、JavaScriptによるスライドやタブ風の挙動で行う。

問題は、デフォルトの隠すスタイルが、静的なCSSで指定されている事。その為に表示対象の切り替えが行えなくなると、デフォルトの分類以外が表示できない。それどころか「最新キーワード」はデフォルトで何も展開されていない為、全く内容が見えない上、サイズの算定も狂ってフッターが本文ブロックに被ってしまう。

隠れているキーワードそのものは取得されているため、スタイルシートを無効にすれば表示は出来る。当然、JavaScript側で隠す処理をしていればそんな手間は要らない。勿体無い。

検索フォーム

次。検索フォームが使えない。JavaScriptでリクエスト発行、というわけじゃなく、単にsubmitボタンのdisabled属性が指定されているため。空欄のままの検索を防ぎたかったらしく、JavaScriptの実行を許可して何らかのテキストを入力すると、disable属性は外れてボタンが機能する。

空欄検索がそんなに困るのか、試しに空欄検索になるようhttp://www.kanshin.com/keyword/?q=にアクセスすると、全キーワード合致という結果が返ってくるだけ(キーワード一覧 - 関心空間)。

検索テキスト指定時と空欄時で、ページタイトルは一応適した形式に振り分けられているので、空欄による全件表示が想定外ではないみたい。デフォルトdisableひとつで、何か大損してる。

まとめ

内部ではきちんと機能するものが用意されているのに、クライアント側の状態によってそれが使えない。これはとても勿体無いと思う。どの問題も、小さな変更で修正できるものだから、尚更に。

「クライアントサイドに依存せず機能するもの」に「使い勝手を向上するスクリプト等」を付け加える。こういう単純な設計をするだけで起きなかった場合が、NoScriptで見掛ける一番悲しい類。

12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

[NoScriptで見る] でん六

この記事の目的等については、[NoScriptで見る] はじめにを見て下さい。

豆はでん六

有名な「でん六豆」の販売元、「株式会社でん六」のサイトが、NoScriptで見ると色々残念。

空っぽのトップページ

まずトップページが、見事に空っぽ。新着情報だけ出ていないとか、画像が消えているといった状態ではなく、空っぽ。
noscript_001_001.png
トップページへのリンクを兼ねたロゴと、協賛らしきモンテディオ山形のバナーだけが表示される。警告や解説らしきものも無い。

NoScriptのブロックを解除すると、以下の様に表示される。
noscript_001_002.png
Flashアニメーションはともかく、何故かメニューを含めた殆どの情報を、JavaScriptで引っ張っている。

このトップページが怖いのは、トップなのに下位のページへのリンクがどこにも無い事。せめてヘッダメニューだけでも出ていれば、まだ手がかりにはなるのに。

その他のページ

サイトの中に入れば、大抵のページは内容そのものなら見られる。でも検索フォームのボックスが出てこなかったり、動的制御用の要素が静的に書いてあったり、分かり難い。最上位のメニューも無いので、大きなカテゴリの切り替えも出来ない。

作り

AdobeのSpryを使って、ナビゲーションやコンテンツの取得を行っている風。トップページに配されている内容はどれも入れ替えの頻度が高そうだから、こういう作りにしたんだろう。でも、copyrightやヘッダーのメニューまでスクリプトで引っ張る必要は無いと思う。協賛の情報は静的に書いているんだし。

殆どビジュアルデザインのスキルしか持たない、或いは印刷業から転換したような作業者の場合、Dreamweaverなどオーサリングツールの組み込み機能を、特に検証無く使う事がある。「おー、出来た出来た」って感じで。document.write()が並んだだけのjsファイルなんかを見ていると、そういう状況で作られたのかなと思える。

クローラーへの対応

トップページの内容はJavaScriptで引っ張られているため、クローラーが受け取る情報がとても少なく、静的に配置しているテキストしか渡せていない。Googleのサイト検索を使ってsite:www.denroku.co.jp "でん六からのお知らせ"とすると、結果にはトップページでクロールされたテキストが見えるが、「でん六からのお知らせ. ニュースリリース; キャンペーン情報; 新発売情報. 協賛情報. モンテディオ山形オフィシャルサイト モンテディオ山形を応援します.」だけ。Yahoo! Japanでもほぼ同じ結果となる。これは怖い。

まとめ

こういう問題を抱えたサイトは山ほどあって、でん六を取り上げたのは、たまたまトップページが派手な消え方をしていたからというだけ。大多数の閲覧者は問題なく見えるだろうし、極端にまずいとは思わない。

動的な要素を許可しない閲覧者に対応しない事が問題そのものではなく、そういう設計をした意識が無い事が問題。JavaScriptありきでしか閲覧できないページを作るなら、せめて無効な場合の警告なりを用意しておかないと、余計なトラブルを抱えるだけ。クローラーへの対応もそうだけれど、枝葉で損をする設計はとても勿体無い。

02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

[NoScriptで見る] はじめに

NoScript

Firefoxの有名な拡張として『NoScript』というものがある。

この拡張は、レンダリングしようとするページのコンテンツをフックし、JavaScriptやiframe、FlashやJavaアプレットなど動的処理の実行をブロックしてくれる。実行の許可はホワイトリストを使う。

ある程度表示対象の知識を持った人間がセキュリティ目的で導入するものだから、決して誰にでも薦められるものではないし、満足な閲覧に要する手順もやや増える。

それでも、自分が閲覧しようとするページの挙動を把握出来るのだし、ホワイトリストの処理も、UIがこなれてきたお陰でそう面倒ではない。どうでもいい気分なら一時無効にすればいい。

NoScriptで見る

このNoScriptを使っていると、たまにとんでもないサイトやページに出くわす。レイアウトの崩れ程度は可愛い方で、見えてはいけないリクエストデータを見せてしまっていたり(そもそもが狂った設計だけど)、何も表示されなかったり。

酷いのは、重要なのに押せないボタンや、無効なアドレスを返すメニューなど、閲覧者がとても不愉快になるような結果の場合。代替の手段なり警告なりが表示されればともかく、そんなものは無いままに、訳のわからないページだけが残る。

このブログに「NoScriptで見る」と称して、そんなサイトやページを紹介しようと思う。

目的

大半の事例は、決してセキュリティ上致命的な問題ではないし、誰が具体的な損害を被るわけでもない。なのに何故、わざわざそんな事をするのか。

一つは、身内への事例紹介用として。ビジュアルデザインを主に手掛けてきた者にとって、セキュリティや、最終的なクライアントサイドでの実行結果まで含めたサイトの姿をイメージする事は、かなり難しいらしい。特に、今ほどJavaScriptの使用が前提の有名なサービスが増えてくると、尚更に。「こんな超クールなUIが出せますよ」という、内容の浅い翻訳記事だけ見て、制作への採用を決めたりする。それは困る。

問題のあるものを作る人は、自分が作っているものが、誰のどんな処理を経て目に見える形になるのか、大して意識していないんだと思う。本来は、クライアントサイドで動的に実行されとされているものだけが問題じゃない筈。単なるアンカータグをシステムを破壊する命令として実行するUAがあれば、静的なHTMLだって恐ろしい。自分が作ったものは、どんな対象にどう解釈され、どうレンダリングされ、どう実行されるのか、その意識が無いと、恐い。

日本のWeb制作をする人達に、一時期は、クライアントサイドに頼る事を嫌う意識があったと思う。JavaScriptで「戻る」ボタンなんてのは、晒し者にされていた事もあった。しかし今では、そういったクライアントサイドの動的実行を当たり前と考える制作者が、物凄く増えているのだと思う。それ用のミドルウェアはどんどん親切に、手軽になっているし、派手な効果や面白さだけを取り上げる引用ブログも多い。だからいつ、一緒に制作を行う作業者が、そういう意識になっていてもおかしくない。

そんな時、それじゃ危ないよ、困るよ、と言う為の事例として、やばいサイトやページを集めておきたい。それを見ながら説明すれば、クライアントサイドを勝手に限定する怖さを伝え易いと思う。

もう一つは、自戒。Webサイトの制作も仕事としているのだから、迂闊にそういうサイトを設計し、納品する危険が自分にはある。今の所は大丈夫だったけれど、いつしでかすか分からない。だから、そういうサイトを意識し続ける動機として、投稿し続けたい。

対象

個人が自分でやっているサイトやページは、取り上げない。対象は主に企業や団体の、プロが作ったであろうものだけ。そういうサイトであれば、仕事として公に開かれたものを作るのだから、こういった評価をされる事も想定しているだろうし。

他に、そもそも閲覧環境をきちんと限定出来るような用途の場合も、対象としない。誰がどんなUAどんな状態で使うか分からない、公に開かれたものだけを取り扱う。

確認する環境

以下の環境で確認を行う(2009年1月10日時点)。

OS
Windows XP Professional 日本語版 SP3
ブラウザ
Firefox 3.05
Noscript
バージョン 1.8.8.8

00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

2009年01月09日

デザインの技量

最終的なイメージを言葉なりで具体的に固めて、それを表現するためにどうするかを言葉や形で積み重ねてグランドデザインを固めていく。何かちがうと思ったら動かす、とかではなく、根拠を持って「こうだからこうしてみよう」と動かす。それを繰り返していくと、考えなくてもできるようになっていく。
タグ:デザイン

23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月07日

墨だまり

MORISAWAのA1明朝の記事に「墨だまり」という表現が出てきた。以下A1明朝 | フォント製品 | 株式会社モリサワより引用。
「A1明朝」は、モリサワ最初期から長く愛されているオールドスタイルの明朝体です。漢字のゆったりとしたカーブと、かなの優美な表情が生み出す独特の味わいが特徴です。デジタル書体化にあたって、画線の交差部分に写植特有の墨だまりを再現するなどし、やわらかな印象と自然な温かみを感じさせる新しい書体として生まれ変わりました。可読性にも優れているので、ニュアンスを活かした大きな見出しから本文まで幅広く活用することができます。


なんとなく意味が分からず調べて見た。
以下印鑑の文字(8) 古印体(こいんたい) - 印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログより引用。
砂を手の中に持って少しずつこぼしながら字を書いていくと、交差の部分は2回砂が落ちて砂の量が多くなりますね。その感覚でできたのが“墨だまり”です。交差部分以外は例えて言うとチョコレートでできていた文字が融けて円(まろ)やかな線質が出来た、という感覚です。

この墨だまりは、活字の際にはインクのにじみや圧力の雰囲気を残し、デジタルフォントにありがちな鋭さを抑えるためのものと思う。ただ、こんな意見も。以下20代デザイナーの文字組: A1明朝の適正級数より引用。
「どうしよう…。良さが分からない…」というのはいいかえると、「『墨だまりを再現』しすぎ?」ということなんです。私はいわゆる「写植を知らない人」で、デジタルフォントに慣れ親しんでしまっているので、この書体の良さが分からないのかもしれません。

細部にこだわる事、そういう小さなところまで気づく目が必要だと、デザイナーとして勉強になった。
タグ:書体 文字

21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年01月06日

InDesign:テキストの自動流し込みで気を付けること

流し込みたいテキストボックスに、マスター上で既にテキストが入っていると、テキストボックスに流れてくれない。自動流し込み機能はインスタンス化を自動で行うから、安全策としてテキストが既に入ってる場合は流し込めないのではないだろうか。

20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。