2012年04月10日

FileMaker Pro 12 Advanced をダウンロード購入

これまで毎回FileMakerの購入はパッケージだったけど、別に大してメリットも無いと思い、今回はダウンロード購入。


FileMaker Storeで、12のAdvancedを注文、決済。完了後しばらく(15分ほどらしい)経つと、ダウンロードやライセンスキーを受け取るためのURLが記載されたメールが送られてくる。


送られてきたURLのページはライセンス証書という扱いらしい。その中にダウンロード用のリンクがある。Win・Mac両方のファイルがあるが、特に制限も無いようだし、両方ダウンロードしておく。


ちょっと気になったのは、ダウンロードの有効期限。シングルライセンスで15日、ボリュームライセンスで90日。短いとは思わないけど、制限があることそのものが、ちょっと嫌。パッケージ販売の代替だと考えれば期限は当然だし、負荷要因が増え続けない設計にしたいのも分かるけど、無用に不便そうな印象を与えてると思う。個々のライセンスごとのバイナリ作ってるわけじゃないだろうし、基本無期限でそう大きな実害は無いだろうに
。むしろ囲い込みできそうなのになあ。


取り敢えず今回は、ダウンロードしたインストーラーとイメージ計810MB強と、ライセンスキーを一緒にDVDに焼き、社内のNASにも保管しておく。

13:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | Neran-Note

2010年09月08日

ブログパーツを貼る

時計のブログパーツを貼ってみる。
seesaaのブログでは、まず「デザイン」→「コンテンツ設定」で、「自由形式」のコンテンツを追加します。そして追加した「自由形式」のパーツをおきたい場所に移動します。
その「自由形式」をクリックして詳細設定で、中身にブログパーツのソースをペーストして「設定を反映する」を押します。保存し閉じて終了。

私はここから貼ってみました。
http://www.uniqlo.com/calendar/

いくつかのブログパーツのソースを見ると、Javascriptで動いているものが多いようだけどこれはCGI?

23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2010年08月29日

Webの勉強

Webのお勉強用に別ブログを作りました。
ブログのカスタマイズなどから始めて、とりあえずHTMLとCSSの理解を目標にしています。

http://ichikara-web.seesaa.net/

23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

磁性流体

展覧会で見た児玉幸子氏の作品「Morpho Tower」。そこで初めて「磁性流体」という物質を知る。
磁性流体とは、簡単に言うと鉄の粉の入った液体らしい。
以下、磁性流体とはより引用
磁性流体とは、磁石に反応する液体です。磁界に反応する物質は"磁性体"と呼ばれます。その代表的なものとして、鉄、コバルト、ニッケルなどの金属や、金属酸化物などがありますが、これらはいずれも固体です。これに対し、「磁性流体」は液体――。固体の磁性体と同様、磁界に反応し、意図する位置に保持をさせたり、変化させたりできる材料としては、現在知られている唯一の素材です。
(中略)磁性流体の正体は、直径が10nm程度の磁性超微粒子と、主成分である水、有機溶剤または油等の液体(分散媒)、およびその粒子に吸着して粒子を液体中(分散媒)に安定に分散させるための界面活性剤の3成分によるコロイド溶液です。
磁性流体は磁界が零の時は磁性の無い単なる液体ですが、マグネット等の磁界を作用させる事で、磁性流体は磁化します。しかしながらマグネットを遠ざける(磁界を取り除く)と、磁化は再び消滅します。このような磁気的性質を超常磁性と言います。磁性流体は残留磁化およびヒステリシスといった特性を持ちません。

この磁性流体の至近距離に、永久磁石などの磁場が発生する物を置くと、その磁力線の流れに沿って突起が形成される。以下の動画が、児玉氏の作品。

こんなに緊張感を持った美しい作品は初めて見た。そして、磁界という、普段目に見えないものをこんなに美しく見せられると、見てはいけないものを見てしまったような気持ちになった。
でも、たくさんの人に見て感じてほしい、と思います。

23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2010年08月04日

Illustrator:テキストの範囲選択

Illustratorで、テキストを範囲選択した場合、選択範囲が把握できるように選択したテキスト範囲の色が反転する。
この選択範囲の表示/非表示は「境界線を表示/非表示(Ctrl+H)」で変更できる。
何かの拍子でこれを押してしまって、見えなくなってあせることがある。

17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2010年06月28日

Webの仕組み

Webの仕組みは、Webを世界に拡げるためにシンプルにしている。
WebブラウザはWebサーバーに要求する。Webサーバーはその要求に応える。簡単に言うと、それだけ。

[Webサーバーがしていること]
Webブラウザからの要求に対し、
・誰に要求されたか
・何を要求されたか
を読み取り、
・どう処理すべきか
・どう返すべきか
を判断し実行してくれる。

[Webブラウザがしていること]
Webサーバーの実行を受け、
・何を受け取ったか
・どう表示すべきか
・他に受け取るべきものはないか
を読み取り、ブラウザに受け取った情報を表示してくれる。

具体的にいうと、Webサーバーから受け取ったHTMLを解析し、スタイルシートやプログラム、画像といった追加で受け取るべきものがあれば再度サーバーに要求し、すべて受け取ったら組み立て、レンダリングして画面に表示してくれる。

00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2010年04月07日

webにおける検索とは

webにおける「検索」とはどういうものか。
webとは、管理者のいない、つまり電話の基地局のようなものが無い膨大な情報置場。電話の基地局に聞けば電話番号がわかるが、webにはそういう仕組みはない。アドレスを打ち込むなど、ダイレクトにそのページにたどるか、リンク集などからほしい情報を探していた。
そこで、考えられたのがほしい情報を「検索」できるようにすること。キーワードなどで検索することで、探している情報に容易にたどり着くことができる。
検索エンジンは日々インターネット上をチェックし、ページのhtmlを見ていく。各検索エンジン独自の基準となる規則アルゴリズムを元に、検索に順位を決めている。
「ページランク」とはgoogleのアルゴリズム。

中央がいない、誰も管理していないwebというものが、検索という仕組みを発展させ、また検索というサービスが、webを発展させてきた。

01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2010年04月06日

Webとは

Webとは、文書(ページ)同士がリンクでからみあったネットワーク上のデータおよびシステムのこと。
(ネットワークから孤立したものは、からみあっていないからWebとは言わないのか?)
ひとつの文書が相互にリンクする機能を持つしくみをハイパーテキストと言い、Webとは、インターネット上のハイパーテキストシステムのこと。

今まで「インターネット」と「web」の違いを意識せずに使っていたが、前者は「電話」などと同じ、インフラの名前である。電話の目的は音声データの通信であり、インターネットの目的はデジタルデータの通信である。

Webは、以下の4つの基本技術によって成り立っている。
HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)…ブラウザとサーバ間の通信規約 
HTML(Hyper Text Markup Language)…文書記述言語 
URL(Uniform Resource Locator)…文書がある場所と取得方法を指定する記述方式
MIME(Multipurpose Internet Mail Extensions)…画像・音声・動画などを扱う規格



00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Qwan-Note

2009年11月27日

[GAE] リソースの割り当てと課金設定

GAEでは、一定の基準までは割り当てられた各リソースを無料で利用できる。無料となる基準はリソースごとに設けられており、それを超えた場合、リソースの単位で動作が停止する。致命的なリソース(リクエスト・CPU時間・帯域)の枯渇時はステータスコード403が返り、それ以外のリソース(DB・メール等)ではアプリケーションへ例外を投げる。

無料となる基準以上に利用する場合は、課金設定を行わなければならない。設定した予算に応じて課金され、リソースの割り当てが追加される。また、課金の如何によらず、アプリケーション単位での最大割り当ては固定である。

リソースの割り当ては、PSTの0時を基準とする24時間で判定される。24時間ごとにリソースの割り当てが無料分上限まで補充され、課金時の最大割り当て計測もリセットされる。

課金予算は、PSTの0時を基準とする24時間を単位に設定する。予算は米ドルで設定し、課税対象となる。

割り当ての基準は割り当て - Google App Engine - Google Codeを参照。

課金の詳細はリソースの課金と予算設定 - Google App Engine - Google Codeを参照。

13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

2009年11月26日

[GAE] Google App Engine 概要

Google App Engine(GAE)の覚書。

GAEは、Googleが提供するクラウド環境。AmazonのEC2など、他のクラウドサービスと違い、一定量までは無料で利用できる。これは実験的なプロジェクトの公開に最適であり、要求性能の上昇時も非常にスケールしやすい。

現時点ではPythonとJavaが実行可能。Java経由でその他のスクリプト言語を実行可能にしようという試みもある。一般的なRDBMSは使用できず、Google独自のキー型DBが用意されている。

一番の問題は、GAEの環境に強く依存するものを構築せざるを得ない事だが、それ以上のメリットがあると感じる。

14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Neran-Note

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。